讃岐小僧のEngineering×Techメモ

未経験から挑戦中のプログラミングや、趣味の野球や狩猟について、その他、ビジネスやテクノロジーをテーマに様々なことをつぶやく場所です。

【沖縄は最高でした】沖縄ー東京の多重拠点生活を真剣に考えたら不可能ではない

はじめに

同期の結婚式を通して、東京と沖縄で多重拠点の生活ができたらな〜と思った小僧です。

香川という愛する故郷が有りながら、沖縄に浮気をしてしまいそうです。

ちなみに沖縄もそうですが檜原村奥多摩も大好きですし大学時代を過ごした広島も好きです。

要は行くとこ、全部好きになります。

さてさて、前置きはこの辺にしておいて、本題である「多重拠点生活」について考えてみましょう。

f:id:keisuke8925gdk:20181207014915j:plain:w400

どんな時に沖縄に行くか

  • プログラムを書く時(素人のくせに、、)
  • 本を読む時
  • ブログを書く時
  • 寒い時
  • 心が行き詰まった時
  • 綺麗な海をみたい時
  • 旅行する時
  • 飛行機安い時
  • ステーキ食べたい時
  • 長期休暇時

上記の中で小僧的に利用になりそうなものとして可能性が高いのは上の4つだと思います。

ちなみに、小僧はお客様先訪問と会社会議がある日以外は基本どこで作業してもいい人です。

そのため、やることをやっていればどこにいてもいいです。 その代わり成果はシビアです。(ダメだと生活できない)

考える前提条件

さてどんな時に沖縄に行くか考えたところでどんな条件で生活するのか考えてみよう。

  1. 「多重拠点」なのでいつでも沖縄に行ける体制にするため今回は賃貸アパートを借りる前提で考える

  2. 東京にすぐに帰れるように那覇空港へアクセスが良いところで生活拠点を考える。(様々な交通手段で30分以内くらい)

  3. せっかくなのでオーシャンビューができる家を借りる

  4. 費用は出来るだけ抑えたい

  5. 車は持たない

上記、わがまま条件を記載してみました。

条件に会う家を探す

それでは早速、前提条件に沿って家を探してみます。

沖縄 賃貸」でググる

沖縄の物件検索では沖縄の物件専門の物件メディアの「うちなーらいふ」という不動産メディアがあるようです。

www.e-uchina.net

沖縄専門、、、、もしや、そりゃー、、あれがあるはず、、、

f:id:keisuke8925gdk:20181206152356p:plain
やっぱりあったオーシャンビュー


あったぁ〜ぁアあ!!

速攻で、チェックするぜ。

はぁ、、いったん落ち着こう。。



では検索再開。

今回、車を持たずに那覇空港にアクセスの良いところ(移動時間30分以内)という条件にしてしまったので、ゆいレール沿線いっぱいくらいが限界でした。

那覇空港から終点の首里間でだいたい27分くらいです。

なのでゆいレール沿線の駅を全部対象とし、海が見えるオプションをチェックして検索してみる。

そして、費用はできるだけ抑えたいので、安い順に並べ替えてみる

なんと5.8万〜から対象物件がありではないか
(2018年12月6日時点)

確認すると海は全面的に見えるわけではないけど、まぁ、ぎりぎりクリアということで!

ということで計算すると5.8 × 12 = 696,000
(初期費用は一旦考慮から外す)

まず、家賃だけで、70万円が吹っ飛ぶ

ここから、光熱費、更新費、、、諸々考えると、、年間80~90万くらいはかかるだろうと想定。

無視できない交通費

多重拠点生活といえど、交通費かかりますよねよね。。 ということで飛行機代、電車代を考えます。

1年365日、52〜53週のうち、20往復くらいすると仮定する。

まずは飛行機代

最安値を調べてみると、大正義ジェットスターが最安の5290円〜からでした

ただしジェットスターは一回、一フライトでクレジット決済すると500円取られるので実質5790円になるので、それで計算。。

5790 × 40 = 231,600

23万円が吹っ飛ぶ。

次に電車代

東京での移動は時短のために、成田スカイアクセスを利用します。

都内から成田って結構遠いですよね、、

自宅〜日本橋〜成田空港までの移動でざっくり1500円としましょう。

1500 × 40 = 60,000

沖縄での移動

300 × 40 = 12,000

東京と沖縄の合計で電車代は7.2万円が吹っ飛ぶ

費用まとめ

東京ー沖縄で多重拠点生活しようとすると100万〜120万くらいかかる。

多重拠点生活をする上での必須スキル

移動時間を効率的に過ごす

多重拠点生活をしていると、どうしても物理的に移動時間がかかってしまう。

もうこれは避けようにない。

例えば、東京沖縄だと、電車と飛行機で4時間以上、待ち時間を含めれば5時間以上は確実に片道の移動に時間を使うことになる。

なので、移動時間を効率的に過ごすスキルが必須になる。

実は、小僧はあまりこれが得意ではない。

乗り物に乗っていると、なぜか他が気になってしまう。

集中力ないんですかね、、

買い食いしない自制心

旅の目的は人それぞれかもしれないが、小僧の場合は美味しいものを食べることが目的の場合が多い。

そのため、脳内=食べたいになっている。

なのでなぜか道中にいろんなものを買い食いしてしまう。

これを我慢しないといけない。。 今後は訓練して我慢できる鉄の心を持ちたい。

寝れる

とりあえず、移動で熟睡できる人は凄いと思う。

飛行機で隣のカップルがイチャイチャしても、酒臭いおじさんが隣に座っても、何があっても寝れる人間になりたいと思う。

まとめ

今回は、東京と沖縄の多重拠点生活を考えてみました。 費用的には100万〜120万ということで、もうちょっと本業が大きくなれば不可能ではないぞ!と思うことができました。

なのでもっとお仕事頑張ろうと思います。

また多重拠点必須スキルでは至らないところが見当たったので、成長して行きたいと思います。

また、他にもこんなスキル必要なのでは?と思った方はぜひ、コメントよろしくお願いします。

f:id:keisuke8925gdk:20181207015154j:plain:w400